仕事

本屋のバイトはしんどい?そのメリットとデメリットを解説

 

あなたが次にアルバイトを選ぶ時、どんな要素を重視しますか?

 

給料、就労環境、将来性、人間関係。それとも、興味ある分野で働くチャンス?

 

本記事では、書籍と共に過ごす時間の魅力と困難さ、本屋のアルバイトに迫ります。

 

"本屋バイトはしんどいのか、それとも価値ある経験なのか?" この疑問を解き明かすべく、そのメリットとデメリットを体験談を交えて詳細に解説します。

 

本屋バイトのメリット

 

様々な本に触れることができる

 

本屋で働く最大の魅力の一つは、新旧問わず多種多様な本に日常的に触れることができることです。

 

例えば、私の友人で、大学生時代に本屋でアルバイトをしていたY君は、「その時に出会った本が就職活動の方向性を決めるきっかけとなった」と話します。

 

彼は、店内の仕事をしながら、自分が興味を持った本を見つけ、休憩時間などに読む機会を見つけました。

 

多種多様な本と触れ合うことで、自分が興味を持つ分野を見つけるきっかけを得ることができるのです。

 

顧客との人間関係

 

本屋バイトのもう一つのメリットは、店内で出会うさまざまな顧客との人間関係を築くことです。これは、他のアルバイトにはない大きな特長の一つです。

 

例えば、また別の知人のSさんという20代前半の女性は、高校生の時に近所の本屋でアルバイトをしていました。

 

彼女の話では、「お客さんが来る度に、その人がどんな本を選ぶのか、どんな本に興味を持っているのかを観察するのが楽しかった。それが自分の本の視野を広げてくれるだけでなく、人と人との繋がりを感じられる瞬間でもあった」とのこと。

 

 本屋バイトのデメリット

 

物理的な負担

 

しかし、本屋でのバイトにはデメリットも存在します。その一つが物理的な負担です。これは、本を棚に並べたり、大量の本を運んだりという肉体労働が伴うためです。

 

先に挙げたY君も「重い本をたくさん運んだり、高い場所に本を並べたりするのは結構しんどい」と語っていました。

 

忙しい時期のストレス

 

また、新刊の発売日や大型連休など、特定の時期は非常に忙しくなります。このような状況は、一部の読者や買い物客の大勢に対応するために、精神的なストレスがたまることもあります。

 

先に紹介した私の知人、友人はともに「新刊の発売日は本当に大変。でもそれを乗り越えると、一種の達成感を感じることができる」と話しています。

 

まとめ

 

本屋のアルバイトは、新しい知識や視点を得ることができる一方で、物理的な負担や忙しい時期のストレスも伴うことがあるというのが現実です。

 

しかし、それらの困難さを乗り越えてでも本屋で働きたいと思う人々にとっては、その経験は一生の財産となるでしょう。

 

  • メリット:
    • 新旧問わず様々な本に触れることができる
    • 顧客との人間関係を築ける
  • デメリット:
    • 物理的な負担
    • 忙しい時期のストレス

最終的には、自分自身の価値観や目標、そして本に対する情熱がどれほどあるかで決まると言えるでしょう。

 

本屋で働くことが自己成長の一助となり、新たな視野を開く手助けとなることを心から願っています。

-仕事